FC2ブログ

舞☆ブログレッスン☆DanceUnitSHINRA

DanceUnitSHINRA 、その他のチームで研鑽、指導してきたボディワーク・寿舞-kotohogimai-(巫女舞)・タオダンスのレッスン基礎知識です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カミヤシロとしての肉体

  寿舞-kotohogimai-、タオダンスともに、あたりまえですが肉体を駆使し舞い、踊ります。
 そこで忘れていけないのは、肉体、つまり物質としての体は聖なる入れ物であるということです。

  確かに、人間は今世だけの存在ではなく、その本質は光であり魂なのですが、だからと言って魂と肉体を切り離して考えてはいけません。
 この肉体こそ、聖なる光たる魂=神を祀る神殿、つまりカミヤシロなのです。

 巫女舞において、肉体を使って天と地をつなぐ、光の柱を立てる、という行為は単なる比喩やイメージの世界ではなく、光なる魂としての人間がカミヤシロとしてその地の波動やエネルギーと繋がることなのです。
 そこで、パイプとしての肉体の精緻さや感度を上げるために、ありきたりの筋肉トレーニングやストレッチが必要となってきます。

 それは単なる体育会系の作業ではなく、光を通すパイプとしての肉体を適度に柔らかくし滞りをなくすためと、肉体を「筒」として真っ直ぐ直立させるために腹筋や背筋を中心とした全身の筋肉をまんべんなく整えておくための行為です。

 一般に踊りのレッスンを受けようという人の大多数は「身体が硬い」という、思い込みや劣等感を持っています。必ずといっていいほど「身体が硬いのですが大丈夫でしょうか?」という質問を受けます。
 私自身も20代の終わりまで「身体が硬いコンプレックス」に取り付かれていました。
 そして「身体が硬い」という思い込みが感情的なブロックになり、幼い頃はずっと、同じカリキュラムでトレーニングしているほかの子供より「身体の硬い子」でした。

 小、中学校の義務教育、文部省指導要綱によって、戦後日本の教育は点数重視、個性の均一化を目指しました。体育では足の速い子、高い跳び箱を飛べる子、泳げる子、他の人より身体の柔らかい子が点数が高く、「できない子」はダメの烙印を押されました。
 この、他の人より、が落とし穴で、大抵は人との比較で劣等感や自己避難、そして「ねばならない」の元凶です。もともと理想が高く自己への非難感情が強い日本人は、こういった教育システムの中で自己非難感情を植えつけられている場合が多いと思います。
 筋肉トレーニングに関しても、「ねばならい」が先に立ち、痛い、つらい、イメージが付きまとって離れないようです。

 カミヤシロとしての肉体は人それぞれ個性があって、すべての人の成り立ちは少しずつ違います。
 そして、その肉体に光を通すための筋トレ・ストレッチは決してつらいものではなく、むしろ、身体を本来の状態に戻すための喜びに満ちあふれたものです。

 身体が硬いという思い込みを手放し、身体と向き合って会話をしてみる。
 そして、確かに人と比べたら曲がる角度が少なかったり、動かしたら痛かったりするかもしれない。でも、そんな自分の肉体をすべて認め、愛してみる。
 そこからトレーニングがスタートします。
 カミヤシロとしての肉体とのトレーニングは、さながら瞑想のようなものです。

 私自身、20代の終わりに学んだヒーリングをストレッチに取り入れ、そして「身体が硬い」という思い込みを手放すために、多少乱暴な意識の書き換えですが、
「身体が硬くて、何が悪い。誰に迷惑かけた?」と、ある日考えたら、思いも寄らず気持ちが軽くなり、みるみる身体が柔らかくなり、長い間、間違った使い方をして筋肉が痛み硬化していた一部分まで、すっかり柔らかくなりました。
 もちろん上海雑技団のような、超絶技巧はできませんが自分で満足の行く状態です。

 近代になるまでは農耕や狩猟に従事する人も多く、交通機関も今ほど便利ではなかったために、そんな身体訓練は必要なかったのだと思います。しかし、現代社会の生活環境では、運動不足を避けられないシステムになっています。
 本来の身体能力を維持するために、自分の肉体の状態に合った無理のない筋肉トレーニングやストレッチをお勧めします。

 さっき書いた比較による自己非難への否定とは矛盾するかもしれませんが、事実としては何もしなければ、トレーニングしている人と比べて体が硬いのは当たり前です。
 1日5分でも10分でも大丈夫です。少しずつ無理のないところから、身体と会話しながら始めてみましょう。
 ただし身体に対しては、「やり溜め」は効かないのです。毎日、少しずつ実践してください。身体の声を聞きながら。自分の肉体を慈しみながら。


Copyright ©1996-2010 Dance Unit SHINRA  All rights reserved.

 

テーマ:寿舞-kotohogimai-(巫女舞) タオダンス ボディチューニングバレエ  - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/01/16(水) 19:40:52|
  2. 基礎知識・大切なこと

はじめに

このブログは、Dance Unit SHINRA にてレッスンを受講してくださる会員の皆さんが、自習の参考として使ってくださることを目的としています。
舞や踊り、ボディワークに関することを文章で伝えることは100パーセント不可能です。
特に初心者の方はが指導を受けずに試すということは、時に危険でもあります。
このブログを読むだけで巫女舞 神舞 タオダンスを実践することはできませんので、習得希望の方は必ずレッスンを受講なさることをお勧めいたします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ご質問等とコメントについて

ブログの機能上、各記事へのコメント受け付け日数が決まっているため古い記事にはコメントが記入できなくなっています。
レッスン記事の内容に関するご質問は、メールフォームよりお問い合わせください。
コメントやご感想ご意見などは、【コメント・ご感想のページ】を、設けました。ご意見、ご感想などお気軽にどうぞ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

動画について

動画に関しては携帯電話で撮影しているため解像度が低く、お見苦しい点をお詫びいたします。
加えて、舞の技術と言うものは日々進化するもので、完成形はありません。
現時点において、理想に近いものを掲載していますが、参考程度にご覧下さい。
習得を目的とする方は、文章部分をしっかりと読み、日々の反復練習をしてください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最新記事

カテゴリ

ごあいさつ (1)
基本トレーニング (4)
基礎知識・大切なこと (2)
巫女舞・タオダンス・丹田ムーブメント (10)
ご質問・コメント (1)
その他 (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

講師紹介

mai-blog-lesson

Author:mai-blog-lesson
阿 利 -ALI-

幼い頃より踊りに目覚め、クラシックバレエ・モダンダンスを学ぶ。
暗黒舞踏の欧州遠征公演を経て、自分独自の舞踏法(西洋的テクニックと東洋的直感の折り混ざった即興・すり足を基本にしたタオダンスのメソッド・丹田ムーブメント・など)を確立。
帰国後、心の平安とインナーボディについて興味をもち、東洋的な技法(仏教、ヴィパサナ瞑想、ヒンズー教、神道、気功、ヨーガ、日本舞踊 花柳流、他)を学ぶ。

1981年から各種ダンスの指導を行う。
現在、Dance Unit SHINRA 主宰。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

サンミモレ化粧品

ba.jpg

Dance Unit SHINRA が、舞台に使用している化粧品、サンミモレスキンケアファンデーションなどの販売をしています。日常生活にも使用できます。【詳しくはこちらをクリック!!】
ご興味のある方はメールフォームにてお問い合わせくださいませ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。